2014年11月19日

お辞宜の種類と使い分けについて!?

 今回はビジネスでも日常生活でもよく使われるお辞宜について書いていこうと思います。

 皆さんは状況に合わせて基本動作で正しくお辞宜を使い分けていますか?
 たかがお辞宜と思われがちですがされどお辞宜。ビジネスでも日常生活でもその状況に合ったお辞宜を使い分け日頃から実践をしていくことで相手に動作を綺麗に見せ好印象を与えることで、ゆくゆくは自分の成長に大きなプラスとなります。

 まずはお辞宜の種類について軽くご説明していきます。お辞宜のパターンは頭をさげる角度によって角度45度の最敬礼、角度30度の敬礼、角度15度の会釈の3種類に分けられます。
 どれも基本は一緒で、相手と応対時にまず立ち止まり相手に視線を合わせます。頭をさげる時は角度に合わせて視線を下げ、相手が頭を上げるタイミングに合わせてこちらもゆっくりと体を起こし、最後に相手の目を見る、これがお辞宜の基本動作です。お辞宜を綺麗に見せるポイントは背筋をまっすぐに伸ばし男性は両手を脇に、女性は体の前で重ねて指先を伸ばしてお辞宜をすると綺麗なお辞宜になって相手に好印象を与えます。

 さて上記の3パターンの挨拶の使い分けはその状況や相手との関係性で使い分けを行います。「最敬礼」は最も相手に敬意を示すお辞宜でお礼や謝罪など大切な場で使われます。「敬礼」はビジネスの場では出社、退社時、得意先への訪問時、お客様来客時に使用し、「会釈」は人とすれ違うとき、軽く挨拶をするときに使用されます。状況に合わせて使い分けをするように心がけお辞宜の動作を練習しておきましょう。

 次にお辞宜の誤った動作の例を少しご紹介しておきます。私も日常でよくありがちなのですがすれ違い様に歩きながらお辞宜をしてしまい後で恥ずかしい思いをしたことはないでしょうか?このようなお辞宜の動作は相手に失礼に映りますので日頃から自分の所作に注意を向ける心構えが必要です。その他のお辞宜での誤った動作としては「座ったままのお辞宜」「別の動作をしながらのお辞宜」「相手を見つめたままのお辞宜」等があります。日頃から気をつけて応対をしていきましょう。

 挨拶にしてもその他のビジネスマナーにしても日頃から相手に敬意を示す心構えを持ち常時実践をすることが正しい動作を習得するための手立てとなります。その点を踏まえ日常のマナー向上に取り組んでいきましょう!
posted by SOI at 19:21| Comment(0) | 日常生活の敬語!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: