2014年12月06日

日常でのビジネスマナーvol.02 ―日常で使用されるビジネス慣用句―

 本日はビジネスの場でよく使用されるビジネス慣用句について書いていこうと思います。
 日常でよく耳にするビジネス慣用句は社会生活では必須のフレーズ、誤った言葉を使用すると相手に違和感を与えてしまいビジネスの進行や円滑なコミュニケーションに支障をきたすこともあります。ビジネス慣用句は日常でビジネスの場に接している方々には当たり前となっているビジネスフレーズですが、ここで一度復習の意もこめて、日常でよく使用される必須のビジネス慣用句の再確認をしていきたいと思います。

 では必須のビジネス慣用句にはどのようなフレーズがあるのでしょうか?

 例えばよく話題にでる言葉が「わかりません」「できません」という言葉、そのまま相手に伝えては相手にしてみれば無愛想な人間に写り相手に嫌悪感を与えてしまうことがあります。こういった場合「できません」ではなく「わかりかねます」や「いたしかねます」を使用することでソフトな表現で相手に伝わり、断る内容であっても相手にはそれほど嫌なイメージを与えず意思表示をすることができます。断りや否定的な内容を伝える場合、十分に気をつけてソフトな言葉を選び会話を進めましょう。                                       

 次に相手に念を押す言葉で「いいですか?」という言葉、ビジネスの場では「よろしいでしょうか?」を使用します。会話の途中、接客の途中で相手の意思を確認をする必要がある時にこのフレーズを入れながら会話を進めていくことで相手に正しいビジネスマナーを習得したビジネスマンに写り相手に好印象を与えます。このフレーズもよくビジネスの場では使用されます。
 「いかがいたしましょうか。」このフレーズも相手の意思や意見を求める時、リアクションを求める時に使用するフレーズです。この二つのフレーズは相手の意思確認をするためにビジネスの場では必須のビジネスフレーズです。日ごろから自然に発せられるようにしましょう。
 そして謝罪の言葉「すみません」、ビジネスの場では「申し訳ございません」が当たり前です。こちらも日ごろから意識しておきましょう。
 「お手すきでしたら」、このフレーズは相手に時間があるかを確認と気遣いを示すフレーズです。多忙な上司や先輩などに時間があるかどうかを確認するためには常日ごろから気配りをする姿勢が重要です。このフレーズも良く使用しますね。
 「さようでございます」は「その通り」を示すビジネスフレーズで「その通りでございます」を使用する方もおられますが、どちらかというと「さようでございます」の方が
私にとっては一般的な気がします。
 その他、日常で使用されるビジネスフレーズには「このたび(今度)」「のちほど(後で)」「まもなく(もうすぐ)」なども必須です。押さえておきましょう。
 またビジネスの場では使用することが少ない言葉ですが「やめてくれ」という意味を示す言葉で「ご容赦ください」「ご遠慮ください。」などもあります。語句を強めず伝えることで相手の気を損なわず、拒みの意思表示をすることができます。

【日常で使用されるビジネス慣用句】
・わかりかねます。
・いたしかねます。
・よろしいでしょうか。
・いかがいたしましょうか。
・申し訳ございません。
・お手すきでしたら
・左様でございます。
・このたび
・後ほど
・まもなく
・ご容赦ください。
・ご遠慮ください

 他にもありますが特に上のフレーズは日常でよく使用されるビジネスフレーズです。ビジネスの場では誤った言葉を選ばず正しいフレーズをソフトな伝え方で相手に好印象を与えるように意識して会話を進めることがステップアップに繋がっていきます。正確な慣用句を用いてビジネスの場を盛り立てていきましょう。
posted by SOI at 07:31| Comment(0) | 日常生活の敬語!?